So-net無料ブログ作成

太宰府天満宮 [津津浦浦]


大宰府天満宮の御朱印。


大宰府天満宮。右に写っているのは「飛梅」。

飛梅伝説。

時の右大臣であった菅原道真は、藤原氏の陰謀により大宰府に左遷されることになりました。
故郷である都を離れる日、幼い頃より親しんできた梅に、
 
「東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春なわすれそ」

と詠みました。

意味は、
東風(都から大宰府の方へ吹く風)が吹いたら君の匂いを送っておくれよ、小梅ちゃん。
僕はいなくなるけれど、がっかりして春を忘れるんじゃないよぉ!

道真が太宰府に着くと、その梅は大宰府へ一夜のうちに飛んで来たと言われています。
これが写真の「飛梅」。

この短歌は僕が覚えている数少ないうちの一つです。

もう一つ、歴史上の人物が詠んだもので覚えているのは、

「親思う 心にまさる 親心 今日のおとづれ 何と聞くらん」

これは吉田松陰の辞世です。
萩に行った時に教えてもらい、ハッとしたので覚えています。

意味は、
子が親を思う気持ちよりも、親が子を思う気持ちの方が強いに違いない。
今の私の(処刑を待つ)境遇を親はどう思うであろうか。

物だけではなく、こういう土産もなかなかよいものだと思った。

大宰府天満宮→http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=33.31.4.598&el=130.32.13.898&la=1&fi=1&prem=0&sc=10


二日市温泉。御前湯。

大宰府天満宮に行ったついでに入浴してきました。

たくみ殿下、ここで珠玉の一句。

「湯のけむり おもひでたちと 立ち昇る」

二日市温泉→http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=33.29.17.737&el=130.31.3.298&la=1&fi=1&prem=0&sc=10


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。